やっさんの五目釣り&バイク日和

釣り・車・バイク・料理・猫のブログです。

【釣果】2017年5月20~21日

チヌ36㎝


とりあえずメスのチヌ1匹。しかし、まだまだこの時期でも、のっこみチヌは釣れる!ということがわかっただけでもかなり有意義な京都釣行でした。というわけで、まだのっこみ釣行は続きます・・・できれば1回でもいいのでのっこみチヌ爆釣したかったのでありますが・・・


今回は8時くらいには帰宅したので、釣りを続けていれば連発したかは不明です。というわけで群れなのか単発なのかはわからんところです。予想外だったのは、エサ取りは皆無。サシエが取られることは1回すらありませんでした。実釣時間が3時間と短かかったということはあるものの、サシエが1回すらとられないとは。


今回の浜は打ち寄せる波はあるの?というくらいの穏やかな浜。ということは海に戻る波に道糸がとられることもないので竿を上げておく必要もなく、ウキをボケ~と眺めるズボラ釣法でも大丈夫です。


しかし渚釣りのチヌはかなり元気で、チヌ自体が結構走るのでなかなか楽しい。夏は海パンの恰好で足は海に濡れながらでもいけるし、渚釣りはなかなか楽しいジャンルです。しかし海水浴のシーズンは釣り場がないかも・・・


渚釣りは知多半島でもいけるんじゃないかな~。もっとも、激浅かつ遠浅だと厳しいだろうけど・・・一回試してみようか・・・


今回の釣行は初の京都釣行でしたが、帰宅時に分かったことは意外と京都は下道でも遠くない。今まで福井だと若狭大島、左右までくらい、三重だと尾鷲くらいまでを釣行の範囲としていましたが、その範囲は広がりそう。下道釣行で片道4時間ドライブが基準でしたが、片道5時間ドライブでも大丈夫っぽいかな~。


今年の釣果:
アジ(20㎝~)/0匹
グレ(25㎝~)/2匹
チヌ(25㎝~)/9
スズキ(70㎝~)/0匹
 根魚(25㎝~)/0匹



PVアクセスランキング にほんブログ村

【京都釣行】初京都de渚


さて初の京都での釣行です。祖父母の家が京都市内にあるため市内はそこそこ知ってはいますが、海の周辺は行ったことがありません。運転する道は初めてなのでかなり新鮮です。


なお、ちょっと寝坊して5時からの釣り開始となりました。他に釣り師はファミリーちょい投げくらい。


のりさんにもらった、少々臭うコマセと、ヌカ、荒びきサナギを混ぜて、今回のコマセをつくります。本日はすぐ帰宅するので早い時間に釣りたい・・・風はそよ風程度、ベタナギと釣り的には最高の状況です。


この写真だと打ち寄せる波がよくわかります・・・非常に穏やかです。なので潮は動くかな、というのが非常に気になる・・・


最初、潮は動かない。若狭湾内の潮のよう。これだとコマセが効かないな・・・何はともあれ潮が動かないと。するとゆっくりではあるものの次第に潮が左側に動きます。この場所での潮は左に動くと釣れる!と思っていましたが、しばらくした後、きました。



チヌ36㎝。40㎝ありませんが、なかなかパワフルなチヌでした。浜のチヌなんだけど、真っ白じゃないな~。砂が真っ白じゃないからなのかねえ・・・


早く帰宅しないといけないので、帰宅します。


ついでにちょっと偵察・・・なかなか京都の雰囲気もいいな・・・


海上自衛隊の敷地。この敷地内の岸壁だとチヌ入れ食いなんじゃなかろうか・・・敷地内は公開しているので、一応一般人でも入れるみたい。釣りは無理だろうけどw


まだまだ要偵察な場所は多いですが、今後の宿題にしましょう。というのも今回の釣行で、京都へは下道でも遠くないな~と思ったので。頻繁とまではいかないものの、ちょこちょこ行く機会はありそう。新しい道を運転するのも好きだし・・・今年は静岡も偵察してみようかなあ・


自宅に到着すると、車のODOメーターがちょうど70000㎞になりました。車の走行距離がどんどん増えるけど、何万㎞まで乗ろうかな・・・釣りのみで年間2万㎞くらいです。


さて週末は京都の磯?




PVアクセスランキング にほんブログ村

【福井釣行】色々と考えました

今回が最後と予想される福井チヌののっこみ釣行ですが、果たしてどうなるやら・・・一応、ここなら可能性があるというところなのですが・・・


で、今回はフカセOKの筏なんですけど、とりあえず開始はこれ・・・のりさんが持ってきてくれたコンロでBBQ + ビールでかんぱい。


酔い + 疲れがたまってるのか原因か睡魔が・・・少々寝る・・・




数時間寝て起きると、のりさんはまだ寝とるな~。


今回は時間が無かったので、いつものボイルサナギコマセではなく、荒びきサナギを普通に混ぜただけです。家に麦が無かったので、ダイソーコーンを代わりに入れてます。


現実は厳しく何も釣れん・・・エサ取りのアタリがたま~にあるくらい。針がかりしないんで正体不明だけど多分小さいヒイラギかな・・・


やる気が当社比90%減で、当然のごとくまた睡魔が・・


起きると、午後ですね・・・時間が過ぎるのが早いですな・・・一応最後の数時間粘りましたが、釣れんですねえ。今回の釣果は5㎝くらいのヒイラギ2匹のみ・・・なかなか厳しい・・・


他にフカセ師1名、団子師2名いましたが、皆そろってボーズ・・・今回はチヌが産卵中か、産卵後なんでしょうねえ・・・しょうがないとはいえ今回も消化不良かな・・・グダグダしすぎて釣りは大してしていないのに、何を言ってるのだという感じではありますが。


しかしのりさんスマンね・・・のっこみの場所選定に関して、まだまだ勉強不足がたたりました・・・とはいえ船頭さんに若狭湾ののっこみについて色々聞いて、かなりためになる情報を聞けました。これを来年に生かさないと。


しかし、どんぐりさんから「ここ、なぜか釣れてる」という情報を聞いて、日曜日はそこの近くの浜で釣りです。浜でも釣れるはず。というか、むしろ浜のほうがいいかも。しかしのっこみは終わっているはずなのに何で釣れるんでしょうねえ・・・


ただ100㎞くらい離れてるんだよねえ・・・行きはよいよいだけど、帰宅がかなりおっくう。何せ下道釣行だし。自宅から今回の筏までの距離は160㎞。すると、自宅からそこの浜への距離は260㎞にもなってしまうのです。


しかし今回は消化不良なので頑張って行ってきます。そこの浜は京都なので、初の京都釣行。さてどうなるかな~。





最後にたまには真面目な話題を。


そもそも筏/カセでフカセはありなのかと。筏/カセにはチヌオンリーの1級筏/カセがあって、そこに通う人はガチの筏/カセ師。そういう場所では当然フカセができるわけないとは思ってましたが、今回の筏は1級筏なのかはわかりませんでした。で、船頭さんがフカセはOKと言うので、五目もありで、1級筏では無いと認識したものの、だから「船頭さんがいいって言ってるからフカセやってもいいじゃん~」というのは少々違うような気もする・・・


特にのっこみ期で有利なフカセ・・・筏でフカセをすると、チヌもそれに慣れてしまって団子じゃ釣れなくなるのではなかろうか。フカセなら浜でも、磯でも、波止場でも選び放題でできるけど、筏は筏だけでしかできない・・・紀州釣りは筏での団子と似てるけど、まったく違うものだとは思うし・・・


なので、今回筏でフカセをしておいて言うのもなんだけど、筏でフカセは基本無し、と思ったわけです。それぞれの釣り方、釣り師を敬えば今回のはルール(マナー)違反なのではと・・・例外はサビキありのちょい投げありのみゃく釣りありのファミリー五目筏くらいなのではなかろうか・・・





PVアクセスランキング にほんブログ村